Powered by Six Apart

« 津田塾大学::パネル展「日本のヨーロッパ発見 1872年~73年に岩倉使節団が見聞したヨーロッパの多様性と統一性」 | メイン | 津田塾大学::英語教員のためのワークショップ »

2013年5月22日 (水)

津田塾大学::公開講座「社会的ヨーロッパの隘路と可能性」

6月2日(日)13:00~17:00
(小平キャンパス)7号館中島記念ホール

グローバル化の中でヨーロッパ的な社会保障制度はどう変わっているのか、そして維持可能なのか、ヨーロッパにおける福祉国家システムの現状と課題を探ります。

《プログラム》

13:00-13:05 開会挨拶 網谷龍介(津田塾大学教授)
13:05-13:45 「社会的ヨーロッパのゆくえ」
          田中拓道(一橋大学准教授)
13:50-14:30 「オランダモデルとヨーロッパ現代政治の変容:反転する福祉国家」
          水島治郎(千葉大学教授)
14:30-14:50 休憩
14:50-15:10 コメント
          近藤康史(筑波大学准教授)
15:10-17:00 ディスカッション
          田中拓道
          水島治郎
          近藤康史
          司会 網谷龍介

参加費:無料(申込要)
お申込み・お問合せはこちら